02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.30 (Mon)

谷崎潤一郎 美食倶楽部 夜会

藤が丘 JAZZ茶房 青猫 で開かれた怪しい食事会

このカフェを拠点に活動している読書アウトプット会 「月曜文学サロン会」が主催した
谷崎潤一郎の美食倶楽部をアウトプットしたメニューでを楽しむ会のプロデュースをやらせて
いただきました

美食倶楽部へようこそ !

その雰囲気に浸ってもらう為に、最初に長野から切り出した竹と桜を使って暗闇を演出しました

イメージした事は五感を使って感じてもらうでした
豆腐のムースと豆腐の燻製、有機青菜と苺の和え物を食べてもらいました

2皿目
テーマ偽り

大豆たんばく ベジミートを使って、有機野菜とマリネにしました

人参のフライはマクロでは海老フライといいます

3皿目

テーマは不味い色

小説のなかにもでてくるトロトロの液体をベタベタ食べてる

根野菜ときびの澱粉を使ってソースを作り見た目不味そうな色に
椎茸と昆布の出しで味付けしているので旨みをかんじてカニのオムレツを食べてもらいました

4皿目

テーマはイメージ 変化

どす黒い液体に黒い固まり イカ墨のイカ臭いイメージをした方がいたはず

黒い固まりは有機ジャガイモを使ったニョッキ

たべるとナンプラーとスパイスでカレー仕立てにしたパスタなのです

5皿目

テーマ汚れ

まさしく豚のスペアリブをエロく骨をしゃぶりながら食べてもらいました
6皿目
テーマは春の香り
桜と鯛の手毬寿司
食べて口いっぱい春を感じてもらいました

7皿目

テーマ 形のない味

小説の中でアヘンを吸う部屋が出てきます

煙を吸うとアロマを感じてもらう煙のデザート

8皿目

パティシエ グルマンディールの 加藤さんによる春のかほりを感じるデザート

食べてもらいました


空想を形にする新たチャレンジでした
 

スポンサーサイト
09:32  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。