06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.29 (Thu)

中世サロン会 魚を食す

昨日の夜は中世サロン会
昨日のテーマは中世の魚料理を再現


中世のヨーロッパの人達はサーモン、にしん、鰯から、イカ、タコ、イルカ、鯨とけっこういろんな物を食べていました。
保存が利かないなかで焼いたり、煮たりする他に、塩漬けや燻製、酢漬けにしたりして食べていました

火を通す時はハーブを使い臭い消しと香りを付けていました

昨日は中世時代のレシピの中で、小麦粉を練ったもので、塩で味付けしたサーモンをタイムというハーブと共に包み込んで焼きました。


焼き上がったらナイフとフォークでサーブして、小麦粉の皮を開いて中身を取り分け、粒マスタードとレモンを絞って食べてもらいました



残ったサーモンの旨味が染みた皮の部分は、使用人に食事として与えていたようです


今回は皮の部分もおいしく食べてもらえるように、ピザ生地で包み込んで焼きおいしく食べてしまいました。


それに合わせて、もっとも一般的に食べられていた、キャベツのスープをクミン風味で作りました


中世の時代、結婚式の時に新郎新婦が胸ポケットにクミンを入れて愛を誓い合ったという、幸せのハーブだったのです


そんなシチュエーションを楽しんで文化を語りながら、蜜ろうそくの灯りで楽しみました



10582906_355293622_191small.jpg

スポンサーサイト
08:51  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.26 (Mon)

2010 7月25日 お客さまの朝ごはん

少し肌寒いくらいの木曽駒の朝

当初、暑い場所で考えたのもあって豆乳冷や汁を出そうと考えてましたが、朝起きて散歩したらかなり気温が低い事に気づきました

暑がりの私が寒いと思ったのですから、きっと女性の方はもっと寒がっているはず
急遽変更して、オクラとそうめんかぼちゃのスープに決めました


生姜汁を少したらして、起きたての冷えた体にほっとしてもらいます



もうすぐ、圧力鍋で炊いている有機玄米が炊き上がるころ


8時に合わせて、サーモンを焼いて、横、大根のブルーベリー風味のビクルスを添えます


ぼちぼち皆さんが起きてきたみたいです
05:11  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.26 (Mon)

2010 7月24日 木曽駒高原 避暑地へのお持て成し

10582906_298220947_242large.jpg



10582906_298237263_98small.jpg



只今、お客様の宿泊しています、木曽駒高原に到着しました

東海エリアの酷暑の中いる皆さんには、申し訳ないほど、気持ちよい風吹き涼しい所です


少しこの清涼感を味わいながら休憩してから、お仕事開始します
05:09  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.26 (Mon)

名城大学園に向けての壁

只今、名城大付属高校特別非常勤講師として、二年生の授業の仕事をさせて頂いています

バーチャルカンパニーという授業。

愛知県の地産の素材を使ってのスィーツの企画、開発、販売をネット上で行うというもの

今年は、西尾市のお抹茶の会社の協力で、お抹茶スィーツの開発をしています

先日6チームが考えた企画のプレゼンを聴かせてもらいました。
その中から、優秀な企画をひとつ選び、私が実現化することになり、女子高生5人のチームが企画した「恋する抹茶豆腐」に決定しました

ターゲット層を自分たちがイメージしやすい10代から20代の女性に設定して、恋する女心とスィーツを上手く関連付けだ企画です


9月下旬にあります名城大の学祭に出店します

それに向けて、大学側からいくつかの条件を提示されました


だいたいは想定内の事でしたが、ひとつ大きな壁となる条件を突き付けられました

これも、ある意味想定していた事だったのですが、役所と学校という縦割り社会の理屈そのものといった難問なのです


これからこの難問の壁をぶち抜く為に、動きます
02:50  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.16 (Fri)

安城呉服屋さん 陶芸家とのコラボ  天然鮎

毎日よく降る大雨の影響で、極上鮎の入荷が微妙でしたが、鮎市場チームの努力により、数を確保することができました

これで、19日の安城の呉服屋さんで行われる、陶芸家の個展でプロデュースさせて頂く、創作茶懐石のメインの段取りがついてきました

当日作家さんの器を使わせて頂き、盛り付けをさせて頂くのがわくわく右脳が喜んでいます


昼、夜合わせて30余名の方へのお持て成し

全エネルギーを注いでいきます


画像 001
17:03  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.12 (Mon)

昨日のお持て成し

昨日は夏野菜をふんだんに使ったお持て成し

お孫さんの誕生日とお嫁さんのおめでたのダブルお祝いのホームパーティーでした


銀鮭のマリネ・有機野菜のエキス

自家製燻製3種
自家製ベーコンとベビーリーフ
鰯とタコの燻製 トマトのムニエル・焼き白なすのはさめず醤油ソース

オクラとクウシンサイの玉ねぎソース和え


有機人参のフライ


スズキとアサリのアクアパッツア


有機豚と青唐のグリル・焼きモロコシ風味


夏野菜の旨味ライス
トマトのバジルソース
ナスのレモンタイム風味ズッキーニのクミン風味

ブルーベリーのムース


でした
09:38  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.07 (Wed)

名古屋サンサロンサロン 民衆ナイト

日本史の研究者の方による民衆ナイト

江戸時代から明治初期にかけての民衆と政治情勢を語る一夜

江戸時代の民衆にとって日本国民という意識がなかった事

明治以降の戦争の為の軍への参加、税金などの意識付けの為に、一人一人に日本の国民としての責任意識を植え付けていった事
勉強になりました


その後即興音楽アーティストによる幻想的な演奏を楽しんだ後、私のプロデュースによる、明治の民衆料理を食べて頂きました


文明開化により西洋などの国外の食べ物が入ってきたり、宗教的に千年にわたり食べる事が禁止されていた肉が解禁になったりした時代

それでも庶民に浸透するのはまだまだ先の話しで、野菜中心の食生活に変わりはなく、味付けは塩、酒、酢、醤油、味噌
だけ
飽食の時代の今では考えられないですね

そんな事を感じながらメニューを構成しました


民衆料理メニュー


焼き真竹と切り干し大根のピリ辛煮 トンテキ

きゅうりの一本漬け
大根の酢漬け
葉わさびの醤油漬け


じゃがいもとなすの炒めもの文明開化カレー風味

ししゃもの燻し干し

玄米のおにぎり


キクラゲとキノコの汁物


出張料理、イベントプロデュースのご依頼は左側のご依頼についてをクリックしてください
13:07  |  活動日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。